山崎広太郎のブログ


by y-hirotaro

憲法論議を深めるために

 憲法論議がウヤムヤになっている。しっかりした日本であって欲しいと願う余りに、さも明治憲法に帰りたい風である。しかし、明治憲法より昭和憲法の方が歴史は長くなった。結局は大戦と敗北で終わった明治憲法よりも、70年の平和をもたらしている昭和の憲法の方が、国民にとっては有難いと言わざるを得ない。
 確かに、にわか普請の押し付け憲法であったかもしれない。しかし、全体主義的国家から一挙に民主主義国家へと衣替えする能力は、当時の日本にあったとは思えない。むしろ連合軍の提示した素案をいわゆる日本化したがために、民主主義の精神が徹底化しなかった憾みがある。そのために日本の民主主義制度はひ弱で主体性なく彷徨っている観が強い。そこのところから現憲法の議論をはじめるべきではないだろうか。
 民主主義とはすなわち国民主権である。国民がこの国の主人公である。国民にその自覚を迫る条文は何処にも見られない。むしろ国民主権の明確化を避けているきらいがあると考えるのは私だけであろうか。 国民主権の国民とは、国民一人一人であると思うが、どうもそうではないらしい。国民全体として主権を担っているという解釈に立っているようである。これでは力強い民主主義が育ちようがないであろう。民主主義の最大の利点は国民の主体的な力を引き出すことにあるのだが、その意識は残念ながら薄いと言わざるを得ない。
 国民主権をもう一度考えてみようと提案するものである。
[PR]
# by y-hirotaro | 2013-07-31 08:40
 今日の英語の会で、あなたの「紙一重の民主主義」が新宿 紀伊国屋書店に置いてありますよ、という嬉しいニュースをいただいた。売れないであろうものを置いていただいていることに感謝したい。誰か共感していただける方はいないものか、そのためにはもっと多くの人に読んでいただく努力をすべきであるが、非力であり才が足りない。しかし、少人数でも共感をいただき一緒に勉強してくれる人がいれば、勉強会を通じて力強く動き始めることは間違いない。わたしは、日本国内において、若い時代から政治の第一線で働いてきた人間であり、民主主義の渦中に身をおき、誰よりも力強い民主主義を追い求めてきた人間だからである。
 日本の民主主義制度に何が欠けているか。何故民主主義は力を持ち得ないのか。一言でいえば、敗戦によって期せずして主権者となった国民を、ないがしろにしてきたからである。誇りも自覚も与えることはなかった。愚民政策である。誰がそうしたか、戦前戦後を通じた統治者である。勿論その背後には官僚機構がある。そしてそのことは、今、誰の利益にもなっていない。実質的な統治者となった国民の無自覚さに、統治機構はもとより与党も野党も振り回されている。国民に主権者であることの自覚を求め、真の国民世論の形成をはからなければ、日本の将来はないだろう。
 あの明治維新から、結局敗戦で終わった立憲君主制?の時代と同じ年月を、戦後の民主主義の時代は歩もうとしている。両者を比較して、余りにも戦後の時代が軽いとは言えないだろうか。その原因は主権者である国民をないがしろにしてきたからにほかならない。日本の中学社会科の教科書は、今でも、主権者とは国民一人一人であるとは言ってない。あなたはこの国の主権者ですか、という最も基本中の基本である質問に誰も自信をもって答えられない、というのがわが国の民主主義なのである。
[PR]
# by y-hirotaro | 2013-07-17 00:39

1年半がたった

 私にとって時がたつということは良いことのようである。残り時間が少なくなっていくが、判断もつけ易くなる。歯の治療にしても10年もてば良いということになる。金を埋めた方が良いというところを、金もないし断る。
 この1年を振り返ると、ライオンズクラブの活動が主であった。クラブの会長も務めることができた。また、30年ぶりというライオンズクラブの東洋東南アジアフオーラム福岡大会の事務局長をお引き受けして、私なりに気配りにつとめた。その大会をより有意義なものにするために、アジアの生活環境改善のためのセミナーを開いた。
 また去年の春の叙勲で旭日重光賞をいただき、皇居で天皇陛下に拝謁する栄に浴することができた。みなさんのお陰である。その秋には盛大な祝賀会を開いていただいた。
 また、この機会にと思い、常に政治の第一線で取り組ませていただいた者として、日本の民主主義政治の欠陥が、国が「国民主権」をあいまいに扱ってきたことにあると告発する意味で、「紙一重の民主主義」という本を出版させていただいた。
 ざっと振り返ってみても、相変わらずである。しかし少し心のゆとりも生まれてきたようである。私で役に立つことがあれば、これからも大いに取り組んで行こうと思う。
[PR]
# by y-hirotaro | 2013-07-08 21:30

1年半がたった

 私にとって時がたつということは良いことのようである。残り時間が少なくなっていくが、判断もつけ易くなる。歯の治療にしても10年もてば良いということになる。金を埋めた方が良いというところを、金もないし断る。
 この1年を振り返ると、ライオンズクラブの活動が主であった。クラブの会長も務めることができた。また、30年ぶりというライオンズクラブの東洋東南アジアフオーラム福岡大会の事務局長をお引き受けして、私なりに気配りにつとめた。その大会をより有意義なものにするために、アジアの生活環境改善のためのセミナーを開いた。
 また去年の春の叙勲で旭日重光賞をいただき、皇居で天皇陛下に拝謁する栄に浴することができた。みなさんのお陰である。その秋には盛大な祝賀会を開いていただいた。
 また、この機会にと思い、常に政治の第一線で取り組ませていただいた者として、日本の民主主義政治の欠陥が、国が「国民主権」をあいまいに扱ってきたことにあると告発する意味で、「紙一重の民主主義」という本を出版させていただいた。
 ざっと振り返ってみても、相変わらずである。しかし少し心のゆとりも生まれてきたようである。私で役に立つことがあれば、これからも大いに取り組んで行こうと思う。
[PR]
# by y-hirotaro | 2013-07-08 21:30

ワクワクすること

 新年あけましておめでとうございます。
 もう一年がたった。あれやこれやしているうちに、時が過ぎた。有難いとも思う。この一年、色々なことがあったが、やはりいい年ではなかった。後ろ向きな反省の一年であった。今年はいい年になりそうな予感がして、ブログを書く気になっている。OHMASA-GASも,その組成の解明に目途がつきつつあり、新しい展開が開けそうな段階である。また、わたし自身もだんだん自由な気分を味わえるようになった気がする。土日が待ちどうしいし、平日でもその気になれば自分の時間が持てる。ワクワクした気持ちでその日を迎えることも多い。
 一つは釣り。一人で糸島や唐津の波止にでかける。投げ餌も用意するなど万全である。特に竿を入れるまでの仕掛けづくりが楽しい。ほとんど坊主であるが、腕は着実に上がっている。
 二つ目はゴルフ。これは受身であるが、誘われれば断らない。相変わらずの変則打法のようであるが、改善に努力し進歩したと思っているが、独りよがりかもしれない。
 三つ目は絵描き。去年の11月はヒマラヤのど真ん中に行く機会に恵まれ、8000M級の山に囲まれて4~5枚描いた。どうも絵の方は、何か刺激がないと駄目なようである。
 後はマージャンも好きだが、美味しい酒を飲むことでしょう。明るい一年になりますように。
[PR]
# by y-hirotaro | 2012-01-17 00:38