山崎広太郎のブログ


by y-hirotaro

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

季節の変わり目

a0106300_15303324.jpg

私自身がメタボであるとは思っていないが、いづれにしろ体重を落したいと密かに思っているし、ゴルフのスコアのためにも、足腰を少し鍛えておかねばと思い、万歩計を買った。
 朝7時前に婿殿が出勤し、孫が起こしに来る。これが最近の日課となった。孫から起こされるのは至福の時であることは分かる人には分かろう。それから孫1人~2人と近所の蓮池まで散歩に行く。小1時間ほどのコースである。
 蓮の群生は見事でかつ寿命が極めて長い。花、つぼみ、青い葉、茎と目を楽しませてくれる。お盆を過ぎて、ようやく花やつぼみの数が減ってきた。夏が過ぎようとしている。
 今日、NPO法人の認可が下りたとの連絡があった。”ライオンズの森プロジェクト”が始動する。何処まで運動の輪を拡げられるか、無限大の世界に入ってみようと思う。
[PR]
by y-hirotaro | 2008-08-18 15:31

個展にむけて(3)

a0106300_17211719.jpg

 先日、個展の相方の平松礼二氏から25点の作品が送られてきた。どれも色紙大の大きさで、一挙に仕上げられたもののようである。それにしても一流の画家である平松氏が、友情のためとはいえ、お付き合いいただくことに感謝するのみ。
 私の方も30点を超えた。今までは漫然として描いていたのに、個展をやるということで、俄然
真剣になり、絵の腕も多少上がったという評判である。しかし、こんな根気を一生涯もち続けるということは並みのことではない。平松氏が言うように‘下手も絵のうち、絵も下手のうち‘、ああでもない、こうでもないとやっている時が一番幸せなことである。
 11月の個展にむけて、お盆休みをどうするかと悩んでいる。何処に行っても多いし、暑いし、家で‘めざし‘でも描いていようと思っている。 

 
[PR]
by y-hirotaro | 2008-08-11 17:22

個展にむけて(2)

a0106300_11422553.jpg

 大分暑さが和らいできた。ありがたい。現在は静物を描いている。磐梯山など風景画はお金がかかり過ぎるのと、見る人も飽きるだろうということで、平松氏や家内のすすめもあって、慣れない対象に挑戦している。ただ、市長時代に部屋に拘束されて、色紙にちょっとした絵を描いていたのが役立ったようだ。
 インドネシアのマングローブ植林は、8月中旬には「ライオンズの森プロジェクト」のNPO法人の申請が認可される。この運動の拡大にさらに取り組むことになる。
 酸水素融合ガスは、液化も成功して、いよいよ世に出る段階を迎えたと私は考えている。石油に代わり得る、膨大なエネルギーと量を発揮してくれることを祈っている。クリーンで安価で何処ででも手に入るエネルギーは、人類の未来に不可欠なものである。
[PR]
by y-hirotaro | 2008-08-06 11:43