山崎広太郎のブログ


by y-hirotaro

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1泊2日鹿児島旅行

アゴ足付きで鹿児島へ行った。いきさつは、私の後輩の一人からの依頼で、故郷を離れ、東京でさびしく入院中の先輩にふるさとの風景を贈りたい、ついては自分も同行するから桜島を描いてくれ、というものであった。桜島はむつかしい。誰もが知っていて、誰もが一度は描いた山だから、ごまかしがきかない。自信がない、と言ったが無視である。当然言うことを聞くものとの態度である。こういう人間が、女房はじめ私の周りに多い。 今までは被選挙権者という弱い立場だったからかと考えていたが、どうもそうではないようである。しかし楽ではある。また、生まれて初めて、ご注文をいただき、汽車賃と宿代がタダという対価が払われるのである。そちらの興味もありお請けした。
a0106300_1548127.jpg

 私の周辺の状況はおおむね好調といってよいだろう。OHMASA-GASは急展開しつつある。  経産省の技術研究所で取り上げられることになったし、環境省も環境保護事業として助成対象にしてくれそうである。原子力発電で生まれる夜間の余剰電力を使って、OHMASA=GASを大量にボンベ等にストックし、石油に代わるクリーンエネルギーとして、ハウスの暖房、木材の乾燥機、漁船の燃料、自動車の燃料などに利用できれば、安定的なエネルギーの確保、コストの削減、CO2の削減につながる。
 インドネシアにおけるマングローブ植林事業は、「ライオンズの森プロジェクト」がNPO法人の認証をもらい、まず県下120のライオンズクラブに対し、賛同と支持を得るべく働きかけを行っている。今までのところ、共感をもって迎えられているようである。
[PR]
by y-hirotaro | 2008-09-22 15:50

誕生日

a0106300_17172781.jpg
今日は自分の誕生日、67歳になった。あんまり目出度くもない。しかし、おめでとう、と声をかけられると、やはり嬉しい。
 今からの自分の生き方はむつかしいと思っている。いじけず、気負わず、淡々と生きていきたいと思っているが、私にはなかなか出来ないだろうとも思っている。どっこい生きてるという気負いを捨て切らない。しゃーない、兎に角みなさんよろしくお願いいたします。  
 絵は、いわしの一夜干しです。丸々と太っているいわしを、そのまま表現できるかどうかに苦心しました。                                          広
 
[PR]
by y-hirotaro | 2008-09-03 17:17