山崎広太郎のブログ


by y-hirotaro

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春よ来い

私が、もう4年机を置かせてもらっている天神YLビルは、日銀福岡支店の東隣にある。最上階の9階にオーナーの山本亮氏と机を並べて、インドネシアにおけるマングローブ植林事業や新しいクリーンエネルギーと考えられる酸・水素ガスの実用化のために、働いている。
 事務室の窓側は広いベランダになっていて、幅15m、奥行き4~5mの板敷きの空間が広がっている。贅沢なビルである。このビルは西向きで、最上階は西日をまともに受けるので、日よけにつた草を植えるがなかなかうまくいかない。一昨年はゴーヤを植えたが、うまく葉が繁るところまで育たなかった。昨年は琉球朝顔を植えたが、これも期待に応えてくれるところまでいかない。鉢植えということもあるだろう。しかし、琉球朝顔は多年草のようである。茎は縦横に伸びたまま冬の寒さにも耐えて生きている。もしこの茎から新芽が出れば、苗から育てるよりはずっと効率的である。だんだん暖かくなっていく。毎日茎をしげしげと眺めるのが日課となっている。
[PR]
by y-hirotaro | 2011-02-21 11:46

2000ccの車が動いた

1月27日上京、大田区の日本テクノ本社前の路上で、OHMASAガスとプロパンガスの混合ガスで、乗用車が普段どうり、スムースに走るのに立ち会った。いよいよ実用化が近いことを実感した。OHMASAガスのみで車を動かすことができれば、CO2はゼロになるわけだが、町工場の悲しさ、エンジンそのものを改造する技術もお金もない。水素研究のそれこそ万分の一でも資金確保が出来ればと思う。既存のエンジンをそのまま使うために、酸素を必要とする天然ガスやプロパンガスを混入して動かすのである。それがうまくいった。実に画期的出来事であった。日本経済新聞は早くからこのガスに注目し、採り上げてくれていた。さすがである。この件も、1月29日の日経夕刊の一面に掲載された。

a0106300_16301475.jpg

[PR]
by y-hirotaro | 2011-02-03 11:36