山崎広太郎のブログ


by y-hirotaro

年初に当たって

 昨年末インドネシアに行き、マングローブの成長具合を見てきた。順調に成長しているところ、苦戦しているところと様々であった。潮の流れや塩分濃度、樹種が適しているかどうかなど、いくつかの要因で左右される。まだまだ試行錯誤の段階であると認めざるを得ない。しかし、最も過酷な環境においても、たくましく育つ方法を確立させなければならない。
 干潟を森に変えるというわれわれの夢を実現し、地球温暖化防止のために非常に有効な手段であることを世界に認めさせたいと思っている。まずは対象面積10万ヘクタール、1000平方キロ、福岡市の3倍の面積であるが、インドネシア政府から30年間、借地権が認められた面積である。舞台はそろっている。
 酸水素融合ガス、OHMASAガスの実用化についてもあと一歩のところである。安全なガスであることのお墨付きを国からもらわなければならない。それがなかなか難しい。国を挙げて取り組んでいる水素ガスとの兼ね合いからであろう。
 しかし、安全性については、100気圧、200気圧かけても安全であることは、証明済みである。また水素ガスと違い、容器にも長時間おさまっている。九州の佐伯の船会社のドックでは、いろいろな制約の下、もう1年間、事故もなく安全に実用化のための実験が行われている。
 昨年末、このガスの液化にも成功している。水素と酸素の混合物でなく、それが融合して別の分子により構成された物質であることが証明されたのである。すなわち、安全性は極めて高いことが証明されたことになる。しかし、まだ国は認めない。時間の問題であろうが、我が国および国民の利益ため、また地球環境のため、CO2の削減のためにも、国は決断すべきである。
 今年を画期的な年にしょうと思っている。
[PR]
# by y-hirotaro | 2009-01-09 14:19

日日是好日

この週末は家にいた。土曜の午前中は孫娘二人の幼稚園の発表会を見に行く。特に上の娘は、桃太郎のキジ役を立派にやった。来春、小学校である。
 日曜日は親しい人たちとの茶会。筑紫耶馬渓に近い渓流沿いにある、友人所有のワラぶきの古民家“遊仙庵”で楽しむ。茶会の後は囲炉裏を囲んで酒を酌み交わす。格別であった。
 11日からはインドネシアへ。熱帯雨林の保存、植林がようやく注目を集め始めた。カリフォルニアのシュワルツネッガー知事が、国内の州知事やブラジル、インドネシアの州知事を集めて、熱帯雨林の保全に乗り出すことで合意したそうである。今もって産業国の都合で、すなわち木材、パルプ、ヤシ油、牛肉、エビなどを手に入れるために、毎年英国イングランドと同じ面積の熱帯林が失われていると警告している。
 今度の訪問も植林地の現状視察であるが、現地からの報告によると、苗木もそろって伸びてきて、潮が満ちている時でも海面に葉っぱが顔をだすほどだそうである。元気なマングローブの成長を見るのを楽しみにしている。
[PR]
# by y-hirotaro | 2008-12-08 17:34

秋から冬へ

 先日の個展、成功裡に終わり感謝しています。反省としては、期日を週末を含む3日間にすべきでしたが、会場が抑えられず来れない人が多かったようです。しかし、全作品完売でチャリティ展としては大成功でした。平松氏も応援の甲斐があったと喜んでいます。拙い作品を見ていただいた方、買っていただいた方に心から感謝しています。売上金は経費を引いて全部、ネパールとマングローブのNPOの会計に計上いたします。絵も下手なうちが幸せなのは分かっていますが、「もう飽きたなあ」という状態ですから、新境地に達するまですこし休眠します。
 寒くなってまいりました。去年、予防注射で風邪をひかなかったので、今年も済ませました。もうすぐ師走ですね。元気でいきましょう。
 
[PR]
# by y-hirotaro | 2008-11-19 16:47

釣りのもう一つの楽しみ

 昨日は壱岐に魚釣りに行った。天候のため何度も中止を繰り返していた計画なので楽しみであった。しかし昨日も、風速10Mを越す状態で心配であったが、無事壱岐の岩場に上がった。
 途中、玄海島周辺が荒れていて、壱岐に近くなると比較的穏やかになる、そんなことってあるのだなあ・・・。石鯛は小さいやつが何本かあがったようだが、いつものことだそうだ。私はクロを目指したが、いなかった。居たんだろうが、腕が伴わないのと、どこに投げてもえさ取りの小アジしか釣れない。まあいいかと専念した。誰もあまり戦果の上がらない壱岐行きであった。帰りの船の中で、この小アジをどうするか悩んでいた。うちの母ちゃんは何も釣ってくるなが口癖で、こんな小アジを30匹。そんな私に仲間から色々とアドバイスがあった。へえーなるほどと聞いた中で、とりあえず今回は開いてミリンに漬けて、一夜干しにすることにした。今晩あたり酒の肴として数枚いただくことになる。焼いたり、煮たり、サシミにするだけでなく、考えただけで釣りの意欲が増すような料理法を先輩方から教わり、何処でも、何でも、いくぞの心境である。
[PR]
# by y-hirotaro | 2008-11-03 08:54

釜山旅行

 釜山は旅行と言えないくらいに近い。釜山の人達も、ソウルよりも福岡の方が近いと言っている。実際の距離だけでなく、心情的にもという意味合いを感じる。
 往復ビートルで快適であった。その日から急に肌寒い陽気になり、慶州では秋を堪能した。
 ウオン安で大いに得をした。ウオンに換金した上での買い物なので、お店の人には関係ない。
 私の所属するライオンズクラブのメンバーとそのご夫人方で26名の一団である。ご婦人が入ると会話も上品で、かつ賑やかで気分が良い。ゴルフ場を横目で見ながらのバスハイクであったが楽しかった。
 私の役割がもう一つあった。私が釜山の名誉市民なのだから、釜山市役所を訪問したいし、市長にも表敬訪問したいというのがみなさんの希望であった。幸い双方の日程が合い、許(ホ)市長と30分間懇談でき、皆さんに喜ばれた。市長にも福岡の一般市民と懇談でき、嬉しかったようだ。私には市長時代の働きに対して、あらためて感謝の盾が用意されていた。
 次の週末は壱岐に魚釣りである。夜中に博多を出て、夜釣りと翌日の午前中迄で、夕方には博多に帰る。石鯛釣りのベテランばかりで、上物釣りは私一人である。命を落とさないように、みんなで注意してくれるそうである。
 5日からはチャリティ展である。エルガーラホール7階ギャラリーに来てくださいネ。
[PR]
# by y-hirotaro | 2008-10-30 15:18